新鮮な野菜を常時お客様にお届けするため、トラットリアではその裏庭にある菜園に加え、そこから1kmの距離にある1ヘクタールの土地を購入し、Terra Madre カントリー」と名付けました。

冬の菜園:

種まきと収穫のサイクルが繰り返され、トラットリア裏の菜園で9月に種まきをした冬野菜を12月から2月にかけて収穫し、「Terra Madre カントリー」で11月に種まきをした野菜を2月から4月にかけて収穫します。

冬野菜: ひよこ豆、チリメンキャベツ、ビエトラ、ほうれん草、玉ねぎ、チーメ・ディ・ラーパ、人参、キャベツ、カリフラワー、アーティチョーク、ウイキョウ

夏の菜園:

冬の菜園と同じく、トラットリア裏の菜園で2月に種まきをした夏野菜を5月から7月にかけて収穫し、「Terra Madre カントリー」で5月に種まきをした野菜を8月から10月にかけて収穫します。

夏野菜: 茄子、ベルピーマン、ピーマン、トマト、ズッキーニ

また、タイム、ローズマリー、ルーコラ、バジル、サルビア、ミントなど、様々なハーブも収穫されます。

各サイクルの間は約1ヶ月の間土地を休ませ、その後堆肥を与えます。そしてまた耕作、種まき、灌漑、除草、生物的防除、収穫と続きます。トラットリアのメニューは、これら各工程から名前をとりました。